トップページへ戻る > THONET

THONET

THONETは「トーネット」と読みます。無印良品は、ドイツの家具メーカー、トーネット社が1859年に作った曲木の椅子「No.14」、そして同じくドイツの芸術学校であるバウハウスのマルセル・ブロイヤーがトーネット社の後押しを受けて作った曲パイプの椅子。これをリプロダクトしました。

そのシリーズがTHONETです。トーネット社の曲木椅子「NO.14」も、ブロイラーの曲パイプの椅子も、「多くの人に良質の椅子を」という理念のもとに生み出された作品です。しかし、その芸術品ともいえるデザインから、今では嗜好品となり、価格が肥大してしまいました。

無印良品では、このトーネット社の熟練した職人技と工場を活用し、また大衆のための椅子として蘇らせるプロジェクトを世界の優れたデザイナーと行いました。

その結果、合理的な設計を行い、生産時の無駄を省き、流通を簡略化させることに成功しました。誰もが生活の中で使える、家具の本来あるべき姿をもう一度取り戻したのです。

まず「NO.14」の曲木の椅子は、BENDINGというシリーズとして蘇生しました。木を曲げることは、家具作りに大きな革新をもたらし、椅子を軽く、美しく、安く、大量に作れるものへと変化させました。「NO.14」は誕生から約150年経った今でもスタンダードチェアとしての地位を確立しています。

BENDINGでは、ブナ材を使った曲げ木チェアとして「NO.14」をよみがえらせました。板座と編座の2種類の椅子に、ブラウンとナチュラルの2色のカラーを用意。それにあわせたテーブルも販売されています。

バウハウスで学んだブロイラーが作った曲パイプの椅子は、ミニマムな印象を与えるデザイン。これをリプロダクトしたものを、無印良品ではPIPEシリーズとして販売しています。基本のスチールパイプチェアは、ブロイラーのデザインを受けつぐミニマムで印象的なデザインです。これにあわせるAVシェルフが用意されています。

また曲線を活かしたスチールパイプのテーブルも用意。椅子との調和が図られています。

スポンサードリンク

関連エントリー

大阪で有名な家具矢さん⇒ http://www.livinghouse.co.jp/

Copyright (C) 無印良品の通販マニア | 家具・家電もバッチリ!. All rights reserved